· 

2014年台湾ひまわり学生運動

こんにちは、イツマ先生です。

 

まず、2014年台湾ひまわり学生運動を知っていますか?

 

2014年3月18日に、中華民国(台湾)の学生と市民らが、立法院(日本の国会議事堂にあたる)を占拠した学生運動から始まった社会運動。

 

その背景は、

2014年3月17日に立法院で、台中間のサービス分野の市場開放を目指す「サービス貿易協定」の批准に向けた審議を委員会で行っていたが、与野党が携帯式スピーカーを持ち込んで、100デシベル程の「騒がしい言い合い」になっており、議事の進行を担当する与党・中国国民党の立法委員(議員)、野党・民主進歩党に占拠された講壇に上がることさえできなかったため、時間切れを理由に一方的に審議を打ち切った[4]。そのため、反発が広がった。

 

2014年3月18日午後6時(台湾現地時間)ごろ、サービス貿易協定を反対するデモ活動が行われ、同日午後9時過ぎになって、300名を超える学生のデモ参加者が立法院議場内に進入した。

なお、台湾の歴史上、民衆によって議場が占拠されたのは憲政史上初めてである。

 

立法院の外でも、学生たちを支持する市民が数千から数万人ほど集まり、デモを開いている。抗議活動には、学生や市民のほか、台湾最大野党の民主進歩党なども、学生と歩調を合わせ、抗議活動を拡大させている。

台湾の議題勉強会に行ってきました。

 

(上記はwikiから引用しました)

 

当時私は大学1年生でした。

授業を休んだりデモに参加しにいく学生団体は多かったです。

 

 

この例から見ると

台湾の若者は政治、台湾のことに対して非常に関心を持って議論する風景もよくあります。

 

なぜなら、中国との緊張な関係、政治に影響を受け、経済不振という状態の中で若者は自ら自分の力で何かをしないといけないです。

 

私は当時若かったかもしれないが、日本にきてから逆に台湾のことに関心を持ってきました。特に海外にいるからこそ人々の助け合いがとても大事だと実感したからです。

私も自分の小さな力で私の教室を通じて少しでも台湾の良さを広げたいと思います。いつか、私の経験など台湾の若者の力になりたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

イツマ台湾中国語教室の紹介

 

イツマ台湾中国語教室

@東京 神楽坂 @台湾華語 @オンラインレッスン @グループレッスン

 

2018年に設立した台湾中国語教室です。

 

イギリス、韓国、日本での語学留学の経験を持つマルチリンガルのイツマ先生が

言語学習の秘訣 X 台湾のぬくもりを伝え続ける。

 

🏫他教室と違うところ

 

✨特徴1  台湾出身のマルチリンガル創業者イツマ先生

✨特徴2  講師は全員早稲田大学出身

✨特徴3  個人経営だからリーズナブルな料金

✨特徴4  便利なオンラインレッスン

✨特徴5  仲間と出会えるイベント(すぐ使える中国語 毎週土曜日13時)

✨特徴6  台湾雑貨・Gushi

 

🇹🇼台湾と中国語の情報(発信中!)

公式LINE: @tac8312b

 

instagram: itsuma_taiwanchinese_school

 

HP: http://www.itsuma-taiwanchinese-school.com/

 

💡お問い合わせ(コース、レベルの相談どうぞ!)

Email: taiwan@itsuma-taiwanchinese-school.com

 

💡イベント参加

 

 

💡無料体験・見学