· 

【中国語プチ文法】実は中国語の文法は雑です

こんにちは、イツマ先生です。

 

今日は中国語の文法についてコメントしたいと思います。

 

よく生徒さんから細かい質問を頂きますが、

例えば、この文章は現在形、過去なのか?

 

正直、中国語の文法はとても雑です笑。

 

つまり、曖昧な言語でございます。

 

文脈と話し手の口調によって意味を判断すべきだと思います。

ネイティブの会話でもお互いに確認しながら会話しているのです。

 

なぜなら、中国語ははっきりとした現在、過去、未来形がなく、動詞変化も当然ないので文章の時点を判断するのに時間の副詞を注意すれば良いと思います。

 

多分、難しい漢字を作った人はすでに疲れちゃって文法はどうでもいいになったのかな?笑

 

私はいつもレッスンで中国語の文法は難しくないと言っていますが、

本当は難しくないけど難しいかもしれないです。(この文章も曖昧になっちゃった、、)

難しい変化がないけど、本当の意味とニュアンスを掴むのに工夫しないといけないと思います。

 

いつか皆さんに皮肉ユーモアを体験してもらいたいと思います。

言葉をアレンジして遊ぶのは語学の楽しさだと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

イツマ台湾中国語教室の紹介

 

イツマ台湾中国語教室

@東京 神楽坂 @台湾華語 @オンラインレッスン @グループレッスン

 

2018年に設立した台湾中国語教室です。

 

イギリス、韓国、日本での語学留学の経験を持つマルチリンガルのイツマ先生が

言語学習の秘訣 X 台湾のぬくもりを伝え続ける。

 

🏫他教室と違うところ

 

✨特徴1  台湾出身のマルチリンガル創業者イツマ先生

✨特徴2  講師は全員早稲田大学出身

✨特徴3  個人経営だからリーズナブルな料金

✨特徴4  便利なオンラインレッスン

✨特徴5  仲間と出会えるイベント(すぐ使える中国語 毎週土曜日13時)

✨特徴6  台湾雑貨・Gushi

 

🇹🇼台湾と中国語の情報(発信中!)

公式LINE: @tac8312b

 

instagram: itsuma_taiwanchinese_school

 

HP: http://www.itsuma-taiwanchinese-school.com/

 

💡お問い合わせ(コース、レベルの相談どうぞ!)

Email: taiwan@itsuma-taiwanchinese-school.com

 

💡イベント参加

 

 

💡無料体験・見学

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    井上香 (木曜日, 12 9月 2019 18:59)

    おータイムリーなコラムです。
    今日のレッスンで例文の訳が分からなくて質問したら、返答がこうだったらこう別のこうだったらこう。と。
    やはり、会話のキャッチボールの言語だなと思いました。

    スキャン→応用→ニュアンスを感じとる→話のキャッチボールですね。
    過去形、現在形、未来形がないのも良いですね。
    時間は通り過ぎて行くものではなく、未来から流れて来るものとも、過去現在未来、時間軸は平行だとも。
    昔の人の方が真実を知っていたのかもと考えるとワクワクします^_^