コロナ禍ワーキングホリデ-渡台までの流れと、かかった費用をすべて公開します!

リーホウ!

イツマ老師の秘書を務めるMAHAです。

 

 

 

 

わたくしごとですが、

いよいよ渡台まで1週間をきりました。

 

 

台湾へのワーキングホリデ-VISA取得が現在一時停止中のため、ワーホリ関連の記事を自粛しておりましたが、渡航までにかかった費用一覧と流れをまとめたので、今後コロナ禍での台湾への留学やワーキングホリデ-を考えている方に少しでも参考になればと思い、久しぶりに投稿させていただきます。

 

 

 

 

▼流れと費用一覧

右にスクロールできます

 

 

コロナ禍 ワーホリ費用と渡台までの流れ 【4か月】

 

VISA関連 / レート:TW$=3.6円計算 (2021.1.15現在は3.7)                              

       

日付

TODO

総額

備考

2020.11.3

VISA申請の予約(ネット)

¥0

1ヶ月先まで予約とれなかったので夜中12時に必死でクリック/20211月現在申請一時不可

2020.11.10

住民票 取得

¥200

役所

2020.11.10

財力証明 取得

¥520

郵便局(大学用に英語証明がいる人は同時に2種取得した方がいいかも/私は短期なので不要)

2020.11.10

証明写真

¥20

携帯で自撮りして自宅でプリント

2020.11.10

海外保険1年分申請

¥128,040

VISAのため内容規定あり/4か月しかいないので1年分は痛いが仕方なし

2020.11.24

VISA申請

¥1,070(交通費)

台湾駐日経済文化処/コロナのため予約した時間10分前まで館内に入れず/待ち時間はほぼゼロ

2020.12.3

VISA受け取り

¥1,070(交通費)

翌日営業日には受け取れると書いていたが、コロナのため1週間後の日時を指定された

2020.12.3

大学申し込み(ネット)

¥147,600

台湾大学語文中心/入学1週間前の登日に現地支払 (+教材費)

2020.12.3

デビットカード申請

¥0

現地から現金おろす用(クレカのキャッシングよりトータル手数料安い)
楽天デビットカード(還元率◎1%)作成

2020.12.3

飛行機予約 (往復)

¥56,250

エバー
価格はどの航空会社もコロナ前とさほど変わらない印象、欠航の日が多い
タイガーは予約後全便欠航に/スクートは一部便が急に欠航になるなど(特にLCCは不安定)

2020.12.8

短期賃貸契約(3か月分)

¥198,900

PAPAGOで契約(駅徒歩4分、トイレお風呂洗濯機つき、PAPAGOが神対応すぎてここに決定)
Airbnb
は安いがリスクを考え今回却下(旅行で数日借りる分にはコスパよいので利用)
台北国際宿舎も安全面とコスパ◎かなり魅力的(月4万ほど)/欠点は駅まで遠い&終電早い
ホームステイも探したがコロナで中止しているところがほとんど
(PAPAGO
に相談したら契約した部屋の大家さんが時間あるとき一緒に食事できるらしいと笑)

2020.12.15

隔離ホテル予約

¥140,400

友人が勤務している隔離ホテルで予約/3食つき/12600TW(約9360円)
隔離ホテルの値段はピンキリ(だいたい1日2000~5000NT(約7200~18000円/))
節約するなら隔離OKの賃貸でUber・フードパンダで注文などもありかと
(
ただ政府の規定がいつどう変わるかわかならいリスクを考え今回は政府認定隔離ホテルを選択)

2020.12.30

台湾の入国制限強化 発令

 

突然、1/1~1/31の入国制限強化が発令
12/31
午後に詳細が確定し、現地に住む友人が直接問い合わせしてくれた
すでにVISA取得済の場合は入国可能ということが判明 (延期も可能らしい)
(30日の時点でワーホリについての記載がなく、友人が現地で問い合わせするも不明、Twitterも一時情報が錯乱)

2021.1.10

PCR検査予約

¥22,800

にしたんクリニック/自宅オンライン検査/台湾承認済の証明書あり
もっと安いところあるかも、オンラインで確実に台湾で使えるということでここで決定
(
内訳:検査15000円・配送手数料600円・証明書5000円・消費税2060円・返信切手200)

2021.1.10

携帯の回線を楽天に変更

¥0

楽天モバイル 1年無料+海外回線月2ギガ無料
(
台湾でSIMカード購入するので海外回線は必要ないが、日本での携帯代を浮かすため)

2021.1.28

PCR検査(オンライン)

¥0

 

2021.1.30

QSEオンライン登録

¥0

Quarantine System for Entry 出発時間24時間前よりネットで登録可能
(
台湾の空港でSIMカード購入し電話番号取得後に再度登録が必要らしい)

2021.1.31

出国

¥1109(交通費)

成田→桃園

2021.1.31

SIMカード購入(180)

¥10,800

隔離中に台湾の電話番号が必要のため必須 3000NT

2021.1.31

防疫タクシー

¥3,600

政府補助があり安く乗れる 1000NT$~

2021.2.15

隔離終了 check out

 

実質15日間 (チェックイン翌日が1日目という計算)

 

¥709,130

うちコロナ禍費ざっと20万くらい (隔離ホテル・PCR・タクシーなど)

 

 

 

 

もちもの一覧はこちら

 

心配性なのであれやこれや色々つめこんでいきます!笑

PDFにまとめているので、旅行や留学の際にコピペして自分用にカスタマイズして使うこともできるのでぜひ☺

 

 

 

 

まとめ

◎準備期間を振りかえってみると、行くと決めてから2か月以上あれば余裕をもって準備できるかと思います!

 

◎コロナ禍で入国のルールがたった1日で大きく変わることがあるので(身をもって痛感)、常に情報のアンテナを張って調べる、不確実な情報に流されず冷静に行動することが大切だなと感じました。

 

◎他の方が書いたブログや、現地にいる人の情報も参考になりますが、リアルタイムな情報交換はTwitterも役にたちます!ただ情報が錯乱することもあるので鵜呑みにしないように気をつけましょう~!

 

◎コロナ禍で行く場合は通常予算+20万くらいは見ておいた方がよいです!(痛)

 

 

 

 

実際に台湾に無事行くことができたら、動画などもつけて、日本にいる方にも台湾を味わっていだけるような情報をUPしていきたいと思っております

 

 

 

 

 


 

台湾人イツマ老師が設立した、いつも温かくて笑い声いっぱいの台湾中国語教室では、教室での授業の見学や、体験レッスンも随時受付中です!

 

 

遠方の方でも、コロナや天気を気にせず気楽に受けられるオンライン授業やイベントもあるので、ぜひ気になった方は除いてみてくださいね♪

 


お申込みフォーム

 

入会は自由です♪

ぜひレッスンの雰囲気だけでも味わってみてくださいね!

メモ: * は入力必須項目です